泉尾病院について

  1. ホーム
  2. 泉尾病院について
  3. 概要

概要

院長からのご挨拶

泉尾医療福祉センター

医療・福祉・保健ネットワークを築き地域社会をサポート

院長 唐川正洋
院長 唐川正洋

最近は少子・高齢社会、核家族化の進行などが進み前と比べ、さらに医療環境が一段と変化してきました。

その一つに医療と福祉の境界領域がますます接近し、両者が重なり合って行くという現象が顕著に見られます。特に核家族化で家庭に介護力がなくなってきた現在高齢者や障害者には、治癒・退院、すなわち家庭介護の確保を如何に行うかが深刻な問題となっています。

このような現実をふまえて、泉尾医療福祉センターでは、泉尾病院を中心に医療と訪問看護やリハビリテーションを含む福祉に関わる事業を展開しております。

特別養護老人ホーム(大正園・第二大正園)をはじめ、軽費老人ホーム ケアハウス(つつじ荘)や障害者支援施設(北村園・ふくろうの社)等が泉尾病院に隣接しております。

さらに、社会における情報化の流れの中で、患者様の医療情報を他の地域の開業医、いわゆる「かかりつけ医」や、さらに高度な機能を有する他病院と共有して、病院と診療所とが、あるいは病院と病院とが協力する中で、適切な医療を地域の中に提供していこうという、医療機関同士が連携する時代を迎えています。

済生会は創立以来、済生救民の高い理想を掲げ、今日に及んでいます。これからも21世紀にふさわしく地域医療機関との連携を軸に、福祉との共同の地域ネットワークを着実に担って行きたいと考えています。

そして、地域の皆さんに良質な医療と福祉を提供することにより、安心して生涯をいただくことを目指して、保健・福祉の増進と向上に役立つ活動を続けていきます。

大阪府済生会泉尾病院

患者さんから「選ばれる病院」へ

当院は、1945年12月に泉尾診療所として開設され、1951年に泉尾病院として発足しました。その後、地域基幹病院として増床・増築を繰り返し、1988年に現在の地に新築・移転しました。2006年には、隣接する旧泉尾第二病院を統合し、現在は、一般病棟に回復期リハビリ病棟と療養型病棟を合わせ、全体で440床を有しています。一般病棟では急性期医療を中心としながら、地域の医療機関との連携を軸とする「開放型病床」機能を有し、2012月からは大阪府にがん診療拠点病院に指定され、地域のがん治療の拠点として貢献しています。また、2014年11月からは患者さんの退院に向けたケアを軸とした「地域包括ケア病棟」を開設して今日に至っています。

当院は、済生会が運営する公的病院であり、「救療済生」の済生会精神に基づいて、患者さんに信頼される質の高い医療を提供することを使命としております。具体的には、大正区という地域に密着しながら、地域医療連携を基盤として地域住民の方々の医療を担う中核病院として機能することです。

このような役割を果たすに当り、当院ではリハビリテーション機能が充実していることから、急性期医療から回復期・療養型医療までシームレスな医療サービスを提供できるものと自負しております。加えて、在宅サービスや健診事業にも注力していきたいと考えています。

また、当院は大正区内で唯一の公的病院として、救急指定病院や臨床研修指定病院としても機能しております。設備面では、電子カルテの導入によって、情報の共有化と透明化を推進しています。

さて、現在、医療制度改革や新臨床研修制度の導入、少子高齢化等により、医療界は激しく揺れております。中でも医師不足は大きな社会問題にもなっています。このような状況下で質の高い医療を安定的に提供するには、相当な経営努力が必要になります。

今後は専門性を更に高めて特色を打ち出すと共に、将来を見据えてニーズにマッチした医療を提供し、患者さんから「選ばれる病院」を目指して着実に歩んで行きたいと思います。

ページの先頭へ戻る

理念

済生会泉尾病院は、『救療済生』の済生会精神に基づいて、患者さんに信頼される質の高い医療を提供します。
※救療済生とは:保健・医療・福祉を通して社会的弱者をはじめ全ての人々を救済し、人の命を救う道を広めること

基本方針

  1. 地域医療の中核を担う病院として機能します。
    急性期から慢性期までの医療の充実に努め、地域との連携を強化します。
  2. ぬくもりのある診療と看護を目指し、高齢化社会に対応した良質な医療を提供します。
  3. 常に患者さんから満足と信頼を得るように努力します。
  4. 職員すべてが専門能力の研鑽に努め、互いに協力して医療の質向上を目指します。
  5. 法令を遵守し、健全な経営を確保します。

ページの先頭へ戻る

患者さんの権利と責務

  1. だれでも、社会的地位・国籍・宗教などによって差別されることなく、良質な医療を受ける権利があります。
  2. 病気について十分な説明を受ける権利があります。病名は原則として患者さんに告知します。
  3. 十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療方法などを自らの意志で選択する権利があります。また、別の医師の意見を聞きたいという希望も尊重されます。
  4. 診療の過程などで得られた個人情報の秘密が守られる権利があります。
  5. 自分の診療記録の開示を求める権利があります。
  6. だれでも、等しく上記の権利を行使するためには、病院の規則を守り職員や他の人々に迷惑をかけない責務があります。
    また、良質な医療を実現するために、自分自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する責務があります。

ページの先頭へ戻る

概要

開設日昭和20年12月6日
開設者恩賜財団 済生会(全国済生会本部
病院長唐川正洋
院長補佐平居啓治
副院長吉長正博・山道啓吾・森 泰清・江口 典孝
事務長松井利明
看護部長北田美和子
診療科各科のご紹介ページをご参照ください。
病院種別総合病院
病床数 440床
HCU: 4床
一般病棟: 276床(うち開放病床26床)
地域包括ケア病棟: 60床
回復期リハ病棟: 40床
療養病棟: 60床(うち開放病床4床)
救急医療二次救急24時間体制
学会認定 日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本眼科学会専門医制度研修施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本消化器管学会胃腸科指導施設
日本循環器専門医研修施設
日本不整脈学会・日本心電学会認定不整脈専門医研修施設
日本腎臓学会研修施設
日本皮膚科学会認定専門医研修施設
日本糖尿病学会認定教育施設
日本透析医学会認定施設
日本整形外科学会専門医制度研修施設
日本麻酔科学会麻酔科認定病院
日本医学放射線学会放射線科専門医修練施設
その他 大阪府がん診療拠点病院 (平成24年)
臨床研修指定病院(平成15年)

各種のご案内

お問合せ
06-6552-0091
予約センター
06-6552-0094
電話受付時間
(月~金)午前9:00~15:00(祝日除く)
(土)午前9:00~12:00(祝日除く)
健診センター
06-7659-6111
電話受付時間
(月~金)午前9:00~17:00(祝日除く)
インターネットからのご予約はこちら
日・祝日、
創立記念日(5月30日)
年末年始(12月29日~1月3日)
診療受付時間
午前:8:00~11:30
午後:12:30~14:30
(土)は午前のみ
※診療科によって異なる場合があります
面会時間
平日:14:00~19:00
土日祝:11:00~19:00
病院敷地内禁煙について