診療科・部門紹介

  1. ホーム
  2. 診療科・部門紹介
  3. 麻酔科

麻酔科

スタッフ紹介

上野 脩 部長

[学位等]
  • 医学博士
  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会指導医
[専門分野]
  • 麻酔科一般

非常勤医師                         大学病院より週3日応援

診療内容

私たち麻酔科医は手術中の痛みや、意識を取るために麻酔をかける事が主たる仕事ですが、その他にも患者様の手術中の安全管理という大切な役割があります。そのため。私たち麻酔科医は、術前からカルテをチェックし、患者様を訪問し、重篤な疾患を合併していないか、手術の既往がないか、いまどのような治療を受けておられるか十分に把握し、手術の麻酔に挑みます。

麻酔には、患者様の意識をなくしその間に手術を行う全身麻酔と、主に鎮痛を目的とした局所麻酔があります。いずれの方法を選ぶかは、手術時間、手術部位、手術内容の他に、患者様の現在の全身状態をも考慮したうえで決定されます。

全身麻酔の覚醒は、近年の麻酔薬の進歩によりずいぶん早くなりました。その分、麻酔覚醒後の痛みに対する対策も重要な課題となっています。私たちは局所麻酔を併用したり、鎮痛薬を持続注入したりする方法でそれに対処しています。

術後、病室を訪問し、麻酔合併症の有無、痛み対策がうまくいっているか等をチェックさせていただき、今後の診療に役立てるようにしています。

私たちは患者様の安全と快適な麻酔環境を提供できるよう最善を尽くします。