診療科・部門紹介

  1. ホーム
  2. 診療科・部門紹介
  3. 脳神経内科

脳神経内科

診療担当・日時

 
午前

福井

(予約制)

金子
(予約制)
 午後

福井

(予約制)

スタッフ紹介

福井 マナミ 部長

[学位等]
  • 日本医師会認定産業医
[専門分野]
  • 変性疾患 / 認知症

金子 鋭 非常勤医師

[学位等]
  • 日本神経学会専門医

診療内容

「神経内科」は2018年7月より「脳神経内科」と標榜を変更しています。

これは、どんな病気が対象になる科なのか、患者さま方にとってよりわかりやすくするために、学会が提唱している変更です。

簡単にまとめますと、「脳や神経・筋肉の病気のうち、手術の対象ではないもの」を診療する科です。もちろん、手術の対象になるかどうかは、お気軽にご相談ください。また、うつや不安など精神面に関わる病気は、脳神経内科ではなく、精神科・神経科・心療内科の担当です。

 

脳神経内科の対象疾患

■ 頭痛、めまい

■ 手足のしびれ

■ てんかん、意識消失発作

■ 脳血管障害(脳卒中)で内科的診療を行うもの*

■ 神経難病(パーキンソン病関連疾患、多発性硬化症、視神経脊髄炎、筋萎縮性側索硬化症〔ALS〕、筋ジストロフィー、脊髄小脳変性症、重症筋無力症など)

■ 認知症(アルツハイマー病、びまん性レビー小体病などを含む)

■ 末梢神経疾患(ギラン・バレー症候群、CIDP、手根管症候群など)

■ 感染性疾患(髄膜炎、ベル麻痺 [末梢性顔面神経麻痺]など)

 

*脳血管障害のうち、脳動脈瘤血管奇形(AVM, AVF, もやもや病を含む)内頚動脈狭窄・閉塞や、脳腫瘍など治療法が手術しかない疾患は、脳外科の対象疾患です。

 

 【施設基準・認定施設情報】

日本神経学会認定教育関連施設