診療科・部門紹介

  1. ホーム
  2. 診療科・部門紹介
  3. 薬剤部

薬剤部

調剤業務

調剤室では外来、入院、および併設する福祉施設の患者さんの調剤を行っています。医師からの処方内容が適切であるか処方鑑査を行い、疑義があれば医師に確認後、調剤を行います。お薬の管理が困難な方には服用時間ごとの一包化調剤を行ったり、錠剤やカプセル剤が飲み込みにくい方には、剤形変更や、薬品の品質を考慮したうえで粉砕化するなどの服薬支援も行います。また、検査前や手術前に中止していただく薬の確認や説明等も行っています。

  

注射業務

医師からオーダーされた処方内容について、投与量、投与方法、配合変化などのチェックを行なったうえで患者さんごとに注射薬を1回分ずつセットして病棟へ払い出しています。また、食事が摂れない患者さんなどに使用される高カロリー輸液をクリーンベンチ内(清潔な区域)で調製したり、抗がん剤治療を受けられている患者さんに使用される抗がん剤などを安全キャビネット内(清潔な区域)で調製しています。

 

DI業務

厚生労働省や製薬会社などからの医薬品に関する情報や医薬品を適正に使用するための情報などを医師や看護師などに提供し、医薬品の有効かつ安全な使用に貢献しています。また、医師や看護師などの医療スタッフからの薬についての問い合わせに対応しています。

薬剤管理指導業務

患者さんが入院時に持ってこられた薬(持参薬)やアレルギー歴などを確認し、入院後の治療や薬への影響がないかをチェックしています。さらに、入院中にでた薬の説明を患者さん本人やご家族の方に説明しています。薬の有効性・安全性・副作用などに注意を払い、質の高い薬物治療に貢献できるよう努力しています。

その他の業務

糖尿病教室、栄養サポートチーム(NST)、院内感染対策チーム(ICT)、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)、緩和ケアチーム、化学療法カンファレンス(キャンサーボード)、化学療法相談外来など様々なチーム医療へ参加しています。これらの活動を通じて、病院全体や地域医療に貢献できるよう努めています。