診療科・部門紹介

  1. ホーム
  2. 診療科・部門紹介
  3. 緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

概要

当院では、医師・看護師をはじめとした様々な職種が参加する「緩和ケアチーム」が活動しています。

がんに関するつらさがある方、話を聞いてみたい方は、主治医、担当看護師、相談窓口(本館1F初診受付)にご相談・お申し出ください。


緩和ケアってなんですか?

「緩和ケア」とは、“がん”の医療を、病気に対する医療としてだけでなく、体と心、社会生活、あるいはご家族まで含めて支えていく考え方です。
がんになると痛み、息苦しさ、吐き気・・・とさまざまなつらい症状が現れます。
落ち込んだり、イライラしたり、眠れない・・・など心のつらさ。さらに仕事など社会的・経済的な不安もあるかもしれません。
「緩和ケア」とは、それぞれの患者さんのその状態にあった方法で、「つらさ」を取り除いていくことをいいます。

緩和ケアチームとは?

がんの入院中におきるさまざまな問題について支援するチームのことです。私たちのチームには、いろんな職種が存在します。医師、看護師、リハビリテーションスタッフ、栄養士、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士など、がん治療を担当する主治医や、病棟看護師などと連携しながら問題点を洗い出し、解決策を検討しています。

自宅での緩和ケア(在宅緩和ケア)

緩和ケアは、病院でも自宅でも受けられます。ご自宅でできる治療も増えてきています。
退院支援部門では、自宅でできる治療や療養に関するさまざまなことを調整し、自宅へ帰る時のお手伝いをします。