令和元年度 大阪府済生会泉尾 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 22 47 65 181 353 843 1749 1334 366
当院の患者は60歳以上を占める割合が全体の86.5%で内80歳以上が34.3%と高齢の患者が多くを占めています。
60歳未満の割合は13.5%で、さらに40歳未満の若い世代の患者は2.7%と少なく高齢の患者を中心に入院していることがわかります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
総合内科・呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 64 33.17 20.84 6.25 81.75
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 58 20.21 12.58 1.72 78.69
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 43 32.09 18.69 0 86.72
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 42 4.81 3.34 0 70.57
100380xxxxxxxx 体液量減少症 41 21.85 9.13 7.32 78.05
総合内科・呼吸器内科は、緊急入院で治療が必要となる誤嚥性肺炎、尿路感染症、脱水や細菌性肺炎や最も多く治療を行っています。次に多いのが肺癌の確定診断を行う気管支鏡検査であり、当院は大阪府指定のがん診療拠点病院であり肺癌診療に力を入れております。また急性期治療後いましばらく入院療養が必要な患者に対しては地域包括ケア病棟へ転棟し退院に向けた支援を積極的に行っています。
※当院は急性期治療を行う病棟から回復期の病棟、長期療養の病棟まで揃っています。そのため自院平均在院日数は全国平均在院日数より長い値が算出される傾向があります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 32 6.28 4.85 0 72.09
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 22 11.05 6.37 0 68.55
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 15 15.6 15.02 0 73.93
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 13 16.46 16.12 0 70.77
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 12 3.25 4.62 0 62.5
外科では、鼡径ヘルニア(15歳以上)や積極的に胆石疾患を多く治療し積極的に低侵襲な腹腔鏡下手術を行っています。また胃・大腸・直腸等の悪性腫瘍などを積極的に多く治療を行っています。これら症例の当院年齢層は60~70歳代です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 32 77.72 25.94 3.12 82.34
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 29 47 19.4 0 83.07
160760xx97xxxx 前腕の骨折 20 22.85 5.54 0 73.9
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 10 37.7 15.09 0 77.4
160980xx99x0xx 骨盤損傷 - - 19.59 - -
整形外科では高齢者に多い転倒による大腿骨骨折が多いです。ほとんどが緊急入院であり、また大半が救急車で来院されています。手術後に、リハビリを重点的に実施することで患者の状態や生活制限などの不安をできるだけ取り除けるよう理学療法士・作業療法士によるリハビリを早期に開始しています。またリハビリ目的で入院療養が必要な患者は、回復期リハビリテーション病棟などへ入院していただき他職種スタッフが退院に向けた支援を積極的に行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 14 37.86 19.66 7.14 78.5
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 - - 11.86 - -
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - - 16.13 - -
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - - 18.24 - -
010070xx01x0xx 脳血管障害 - - 14.17 - -
脳神経外科では、緊急かつ速やかに治療が必要な脳梗塞や慢性硬膜下血腫を多く治療しています。在宅復帰に向けて理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士によるリハビリを早期に開始します。またリハビリがしばらく必要な患者には回復期リハビリテーション病棟などと連携し退院に向けた支援を他職種スタッフと行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 72 9.1 5.61 1.39 65.21
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 46 10.76 7.07 0 77.5
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 39 2.38 2.49 0 69.9
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 20 15.4 12.58 5 70.4
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 15 13.6 14.40 0 71.93
泌尿器科では尿管結石に対し経尿道的尿路結石除去術(レーザー)を多く治療しています。次に多いのは膀胱腫瘍に対しての治療や前立腺癌に対し確定診断の為の前立腺針生検などを行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 246 1.74 2.78 0 76.49
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 - - 6.71 - -
020160xx97xxx0 網膜剥離 - - 9.33 - -
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 - - 7.29 - -
020210xx97x0xx 網膜血管閉塞症 - - 7.36 - -
眼科では、白内障に対する水晶体再建術が主に行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 16 12.38 12.55 6.25 67.44
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9.00 - -
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) - - 12.36 - -
010080xx97x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 - - 36.61 - -
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 - - 19.11 - -
皮膚科では蜂窩織炎などの疾患や帯状疱疹で緊急入院が必要な患者を治療しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 253 7.72 5.02 0 68.32
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 157 3.12 3.01 1.27 69.39
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 155 5.65 4.40 0 71.66
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 86 3.31 3.15 0 71.71
050130xx99000x 心不全 65 25.29 17.71 1.54 82.75
循環器内科は不整脈疾患に対して経皮的カテーテル心筋焼灼術が最も多く治療を行っています。次に多いのが狭心症、心不全などの疾患を多く治療しております。心臓カテーテル検査(CAG)やステント留置術などを行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 67 11.25 11.67 0 69.82
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 15 18.13 14.23 6.67 70.93
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 10 6.3 7.00 0 51
050130xx99000x 心不全 - - 17.71 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 - - 12.58 - -
腎臓内科では慢性腎臓病(CKD)を多く治療しております。包括的治療を行えるように保存期腎不全パスを活用しています。
一方で、早期発見・早期治療にも努めており原因や病期を診断するための腎生検入院も積極的に奨めています。
さらに維持透析をおこなっている方が肺炎などに疾患を併発する場合は、入院できるよう体制を整えています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 98 11.14 9.79 1.02 75.19
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 95 2.33 2.63 0 70.88
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 25 7.52 5.39 4 56.84
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 22 27.95 10.25 0 73.64
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 22 28.86 12.58 0 81.95
消化器内科で最も多い患者数は大腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)です。次に多いのが総胆管結石性胆管炎等に対した治療です。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 12 16.5 13.72 0 62.42
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) - - 14.10 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 - - 12.58 - -
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 - - 13.41 - -
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) - - 14.74 - -
糖尿病内分泌内科では糖尿病の教育入院をはじめ、血糖コントロールが難しい患者が肺炎や尿路感染を併発した場合、入院にて療養いただいております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 - - 22.71 - -
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) - - 23.77 - -
050050xx0102xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 - - 31.59 - -
050070xx99000x 頻脈性不整脈 - - 7.56 - -
050080xx01011x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) - - 41.63 - -
心臓血管外科では特に不整脈診療において近畿有数の診療数を誇る本院循環器内科の要請により2019年から心臓血管外科が開設し上記疾患を主に行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 22 8 5 18 3 3 1 7,8
大腸癌 14 15 17 51 5 4 1 7,8
乳癌 3 5 0 1 0 1 1 7,8
肺癌 7 28 28 41 5 11 1 7,8
肝癌 2 12 5 2 4 13 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では肺癌、大腸癌、胃癌の診察を多く行っています。
早期胃癌、大腸癌に対する手術は腹腔鏡下手術を行い、なるべく体に負担がかからないようにしています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 25 12.84 52.92
中等症 185 25.91 77.63
重症 48 28.38 81.29
超重症 14 43.93 84.29
不明 0 0 0
患者数では当院は中等症が最も多いです。
平均年齢をみても中等症以上では80歳前後の高齢者が多くみられます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 55 46.91 75.36 9.86
その他 16 64.31 76.75 0
当院では脳梗塞症例は殆どが発症3日以内に入院して治療を受けています。の急性期脳梗塞の患者が全体の約90%以上を占めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 28 1.36 8.18 0 67.79
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 18 0.94 3.22 0 70.78
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 17 2 12.53 0 72.82
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 14 0.93 5.79 0 73.79
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 10 2.4 13.5 0 73.1
腹腔鏡下手術の豊富な経験を生かし低侵襲手術が提供できるよう努めています。年齢層は60歳~70歳の患者が当院多いです。また悪性腫瘍に対して胃、大腸、胆管、肝臓などの悪性腫瘍切除術も行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 35 3.23 65.2 0 81.54
K0462 骨折観血的手術(前腕) 16 2.56 41.56 0 70.75
K0811 人工骨頭挿入術(股) 15 4.8 65 6.67 80.27
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) 14 5.43 3.79 0 59
K0732 関節内骨折観血的手術(足) 10 2.3 32 0 60.2
整形外科で最も多い手術は高齢化による骨粗鬆症で大腿などに対する骨折観血的手術です。その他、変形性膝関節症や腰部脊椎管狭窄症などによる人工関節置換術、脊椎の除圧術・固定術などを行い術後、リハビリテーション科や他職種が関わり患者の日常生活への早期復帰を目指しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 242 0 0.72 0 76.52
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 15 0 6.4 0 63.4
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(縫着レンズ挿入) - - - - -
K2682 緑内障手術(流出路再建術) - - - - -
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - -
眼科で最も多いのは白内障手術です。白内障は目の中にあるレンズ(水晶体)が主に年齢を経るとともに濁る病気です。白内障手術は濁ったレンズを取り除き代わりに人工のレンズを入れる治療です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 75 1.93 6.05 1.33 65.61
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 48 1.83 9.02 2.08 77.65
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 19 0.42 9.74 10.53 74.47
K841-5 経尿道的前立腺核出術 14 5.29 14.86 7.14 81.43
K843 前立腺悪性腫瘍手術 11 2.27 14.09 0 69.73
泌尿器科で最も多い手術は経尿道的尿路結石除去術です。尿管結石に対して第一選択、またESWL後の第二選択となります。全身麻酔下に経尿道的に内視鏡を挿入しモニター画面で結石を確認しながら砕石し確実に結石をなくす方法です。次に多いのは経尿道的膀胱悪性腫瘍手術です。開腹せず内視鏡を用いて膀胱腫瘍を切除する治療です。切除した腫瘍が良性の腫瘍あるいは表在性膀胱がんであれば、この手術が根治的治療となります。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 234 1.84 5.48 0 70.01
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 107 2.65 5.34 0 71.79
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 58 2.28 14.19 5.17 75.6
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 54 1.78 2.78 0 71.52
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 44 1.09 2.52 0 71.41
循環器内科で最も多い手術は頻脈性不整脈に対するカテーテルを用いたアブレーション手術です。アブレーション手術とは異常な伝導路(心筋を動かす電気の通り道)や不整脈の焦点を焼いてしまう治療です。次に多いのは虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈形成術です。冠動脈の閉塞、狭窄した病変部をカテーテルを用いて拡張する方法で使用する器具はバルーンカテーテルやステント(網目状の金属)などがあります。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 110 0.65 2.49 0 71.7
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 43 1.95 14.74 2.33 76.42
K654 内視鏡的消化管止血術 38 0.29 17.24 0 69.45
K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他のもの) 36 1.14 7.5 0 74.81
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 24 2.33 18.17 0 76.58
消化器内科で最も多い手術は大腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)です。内視鏡でポリープのある粘膜の下に液を注入しスネア(輪状になった電気メス)を用いてポリープを切除します。次に総胆管結石、胆のう結石、胆道狭窄などの胆道疾患も多く扱っています。内視鏡を用いて胆道の出口を切開し、結石を除去する治療などを行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
K5542 弁形成術(2弁) - - - - -
K5552 弁置換術(2弁) - - - - -
K560-21 オープン型ステントグラフト内挿術(弓部) - - - - -
心臓血管外科では循環器疾患全般の治療を行っております。特に不整脈診療において近畿有数の診療数を誇る本院循環器内科の要請により2019年から心臓血管外科が開設しました。成人後天性心疾患を対象にNCDデータベースでは心臓胸部大血管の外科治療は40症例あります。地域性から高齢者が多く、腎・肺機能低下など臓器予備能低下症例が多いため術後在院日数が長い傾向があります。今後は術後、早期回復に努め循環器内科と協調して循環器疾患における地域の中核病院を目指していきたいです。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 4 0.08
異なる 25 0.5
180010 敗血症 同一 14 0.28
異なる 33 0.66
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.3
異なる 3 0.06
DPC病名と入院契機が「同一」か「異なる」に分類して集計してます。
「同一」とは、ある疾患の診療目的で入院し、その病気の治療を行たということを表し、「異なる」とはある疾患の診療目的で入院したが違う疾患が併発した又は発症したことにより、その治療が主となってしまった場合を表します。当院は手術・処置を行うときは可能な限り合併症を引き起こさないように細心の注意を払って行っております。
更新履歴
2020/09/28
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報」を公開しました。
2019/09/30
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報」を公開しました。
2018/09/25
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報」を公開しました。
2017/09/27
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報」を公開しました。
2016/09/30
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報」を公開しました。