平成29年度 大阪府済生会泉尾 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 19 36 58 183 379 967 1567 1138 280
当院の急性期病棟(HCU、3東、4東、4西、5東、5西病棟)に入院された患者さんのうち2017年度中に退院された患者さんの人数を、10歳刻みの階級別に集計した値です。
当院の患者さんは、60歳以上の占める割合が全体の85.4%、うち、80歳以上が30.6%と、ご高齢の患者さんが多くを占めています。60歳未満の割合は14.6%、さらに40歳未満の若い世代の患者さんは2.5%と少ないです。
年代別の疾患をみると、60歳未満では狭心症・慢性虚血性心疾患や頻脈性不整脈、大腸ポリープ切除手術等が多く、60歳以上80歳未満では、狭心症・慢性虚血性心疾患や頻脈性不整脈、大腸ポリープ切除術等、白内障手術が多い傾向です。80歳以上では、肺炎、心不全、白内障手術などが多くなります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
総合内科・呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 66 18.5 12.3 1.5 78.2
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 気管支鏡等検査 54 5.1 3.6 0 73.2
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等なし 35 33.7 20.8 11.4 83.1
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) A-DROP スコア1 33 17.8 13.5 3.0 82.9
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) A-DROP スコア2 32 26.8 15.1 9.4 85.6
総合内科・呼吸器内科は、緊急に入院で治療が必要となる細菌性肺炎や誤嚥性肺炎、急性腎盂腎炎等が最も多いのですが、次に多いのが肺がんの確定診断を行う気管支鏡検査であり、肺がん診療に力を入れております。また、肺炎治療後いましばらく入院療養が必要な患者さんは、地域包括ケア病棟へ転棟の上、担当看護師・医療相談員・理学療法士等の他職種スタッフが、患者さんのお住いの地域のかかりつけ医やケアマネージャーさん等と連携をして、退院に向けた支援を積極的におこなっています。
※当院は、急性期治療を行う病棟から回復期の病棟、長期療養の病棟まで揃っています。そのため「平均在院日数(自院)」は、「平均在院日数(全国)」より長い値が算出される傾向があります(本指標を公開している医療機関の大半は急性期治療を行う病棟のみのため、それらの平均値と当院の一部の疾患・症例の平均値は乖離しています)
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 27 9.2 6.6 0 66.4
060160x002xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 18 5.4 4.85 0 72.8
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 12 21.6 17.3 0 71.8
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 10 15.7 15.6 0 71.7
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 腹腔鏡下直腸切除術等 10 22.4 17.5 0 70.7
外科は、積極的に低侵襲な腹腔鏡下手術を行っており、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術と腹腔鏡下胆嚢摘出術の診療が多くなっております。
また、胃・結腸・直腸等の消化器がんに対する診療も多く、手術療法だけでなくガイドラインに基づいた抗がん剤治療を行っており、さらに緩和治療にも積極的に取り組んでおります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 16 12.6 5.2 0 59.1
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 14 2.0 2.9 0 72.0
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 11 57.5 27.1 0 85.4
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術あり - - 17.3 - -
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり - - 5.5 - -
整形外科では、高齢者に多い転倒による骨折が多く、ほとんどが緊急入院であり、また大半が救急車で来院されています。また、術後の痛みや可動域制限、退院後の生活制限等の不安をできるだけ取り除けるよう理学療法士・作業療法士によるリハビリを早期に開始します。また、リハビリ目的でいましばらく入院療養が必要な患者さんは、回復期リハビリテーション病棟などへ転棟の上、担当看護師・医療相談員・理学療法士等の他職種スタッフが、患者さんのお住いの地域のかかりつけ医やケアマネージャーさん等と連携をして、退院に向けた支援を積極的におこなっています。
※本指標の定義は、労災や自動車賠償責任保険等健康保険以外の件数は含んでいません。そのため整形外科の実績件数は本来の件数より少なく算出されています。
※当院は、急性期治療を行う病棟から回復期の病棟、長期療養の病棟まで揃っています。そのため「自院平均在院日数」は、「全国平均在院日数」より長い値が算出される傾向があります(全国の大半の医療機関は、急性期治療を行う病棟のみの為)
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 21 45.2 16.4 4.8 71.2
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.2 - -
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - 11.8 - -
010070xx02x0xx 脳血管障害 経皮的頸動脈ステント留置術 - - 10.0 - -
010230xx99x00x てんかん - - 6.3 - -
脳神経外科では、緊急かつ速やかに治療が必要な脳梗塞や硬膜下血腫が多く、在宅復帰に向けて理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士によるリハビリを早期に開始します。また、リハビリ目的でいましばらく入院療養が必要な患者さんは、回復期リハビリテーション病棟へ転棟の上、担当看護師・医療相談員・理学療法士等の他職種スタッフが、患者さんのお住いの地域のかかりつけ医やケアマネージャーさん等と連携をして、退院に向けた支援を積極的におこなっています。
※当院は、急性期治療を行う病棟から回復期の病棟、長期療養の病棟まで揃っています。そのため「自院平均在院日数」は、「全国平均在院日数」より長い値が算出される傾向があります。DPCコード(010060x2990401)の急性期病棟のみで退院した当院の患者さんの平均在院日数は13.0日でした。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 265 2.0 2.9 0 75.4
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 片目 - - 8.0 - -
020180xx97x0x1 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 両目 - - 14.5 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり - - 3.3 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片目 - - 6.6 - -
眼科では、白内障に対する水晶体再建術が主ですが、糖尿病性網膜症に対する硝子体茎顕微鏡下離断術や網膜光凝固体術もおこなっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 20 12.0 11.7 5.0 66.1
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 16 8.9 9.0 0 68.7
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) - - 12.1 - -
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術なし - - 18.0 - -
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.4 - -
皮膚科では、急性膿皮症(蜂窩織炎等)や帯状疱疹で緊急入院のうえ治療が必要な患者さんが多く、4割ほどは近隣の医療機関からのご依頼です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺針生検法 45 2.0 2.7 0 69.9
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 42 7.9 7.3 0 76.3
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 36 9.7 5.7 11.1 69.5
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 19 10.3 9.7 0 75.3
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 15 32.1 14.6 26.7 77.5
泌尿器科では、前立腺がんに対する診療(確定診断の為の前立腺針生検や、経尿道的前立腺手術)が多く、次いで多いのは膀胱がんに対する手術、尿管結石に対する経尿道的尿路結石除去術(レーザー)です。約半数は近隣の医療機関からご依頼いただいております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置なし 297 7.0 5.3 0 66.9
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術・ステント留置術等 183 4.6 4.6 0.6 69.9
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査 170 3.1 3.0 0 70.6
050130xx99000x 心不全 手術なし 73 22.2 17.7 4.1 81.4
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査+血管内超音波検査等 66 2.9 3.2 0 68.6
循環器内科では、発作性心房細動等の不整脈疾患に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術が最も多く、8割強は大阪府下一円または他府県の医療機関よりご依頼いただいております。次いで多いのは狭心症・慢性虚血性心疾患に対する手術(ステント留置等)や心臓カテーテル検査です。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術・処置等なし 75 13.9 12.2 2.7 71.2
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 透析あり 15 21.7 14.6 6.7 69.9
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術・処置等なし 10 15.6 22.1 0 57.9
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 腎生検 - - 7.3 - -
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし - - 14.3 - -
腎臓内科では、慢性腎臓病(CKD)やネフローゼ症候群など腎疾患の早期発見・早期治療に努め、病気の進行を食い止めようとする医療を提供しています。最も多いのが、原因や病期を診断するための検査入院(各種検査や腎生検など)です。また、維持透析を行っている患者さんが肺炎等の疾患を併発するなどした場合は、入院にて療養いただけるよう体制を整えています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 224 2.5 2.7 0 69.6
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 87 11.1 10.6 0 74.2
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術なし 34 7.0 5.5 0 70.2
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 血管塞栓術等 24 14.5 11.4 0 69.3
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 食道・胃静脈瘤硬化療法、内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 20 21.9 13.6 0 57.7
消化器内科で最も多いのは、大腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)です。それ以外の約7割は緊急入院であり、多いのは総胆管結石性胆管炎等に対する内視鏡的乳頭切開術や肝癌に対する血管塞栓術、肝硬変に伴う静脈瘤に対する硬化療法・結紮術です。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等なし - - 20.8 - -
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)インスリン製剤 - - 14.6 - -
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術・処置等なし A-DROP スコア2 - - 15.1 - -
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術・処置等なし A-DROP スコア2 定義副傷病あり - - 18.2 - -
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)インスリン製剤 - - 14.3 - -
糖尿病内分泌内科では、主に糖尿病の教育入院がほとんどです。また、糖尿病のコントロールが難しい患者さんが肺炎や尿路感染症を併発した場合は、入院にて療養いただいております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 15 - 11 13 - - 1 第7版
大腸癌 13 14 23 22 - 12 1 第7版
乳癌 - - - - - - 1 第7版
肺癌 11 - 35 46 13 - 1 第7版
肝癌 - 17 11 - - - 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の初発の患者さんの数をUICCという国際対がん連合が定める病期分類法を用いて集計しております。また、再発の患者さんの数も併せて集計しております。
集計方法は2017年度に退院した患者さんを集計し、入退院を複数回おこなった場合は入退院を繰り返した回数分カウントしております。
UICCの病期分類は①原発巣の大きさや深さ②所属リンパ節の転移状況③遠隔転移の有無の3つの構成要素からⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)を分類したものになります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 11.2 58.1
中等症 153 29.5 80.6
重症 45 34.2 83.1
超重症 17 47.6 85.1
不明 0 - -
病院や老健施設以外で、普段の社会生活を送っている中で発症した肺炎のことを市中肺炎といいます。呼吸不全や心不全、意識障害、血圧低下、脱水を併発すると重症度が上がり、重症度が上がるほど在院日数や平均年齢が上がる傾向があります。当院では、中等度の割合が一番多く63.4%を占めており、年齢別では男女ともに80歳代が最も多く、次いで70歳代、90歳代の順で多い傾向となっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 67 70.5 75.2 9.6
その他 - - - -
発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんが全体の約92%以上を占めています。超急性期脳梗塞には、t-PAという血栓を強力に溶かす薬を用いた点滴治療を行っています。また、当院ではリハビリテーション機能が充実していることから、急性期医療から回復期・療養型医療までシームレスな医療サービスを自院内で提供しています。従いまして、脳梗塞の患者様は急性期病棟にて治療後、当院内の「回復期リハビリテーション病棟」へ入棟後、日常生活のリハビリ訓練を行ったうえで退院いただいています。他病院で急性期を脱した患者さんの受け入れも行っています。(表に示した平均在院日数は、急性期病棟における入院日数とリハビリテーション病棟における入院日数を足した日数です。)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 257 1.7 4.8 0 68.4
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 142 1.9 3.5 0 70.0
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 57 1.3 2.9 1.8 70.2
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 47 0.4 2.1 2.1 72.8
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) 41 1.0 2.3 0 57.6
2017年度の循環器内科での手術件数は678件です。循環器内科で最も多い手術は、頻脈性不整脈に対するカテーテルを用いたアブレーション(経皮的カテーテル心筋焼灼術)手術です。アブレーション手術とは、過剰な伝導路(心筋を動かす電気の通り道)や不整脈の焦点を焼いてしまう治療です。
次に多いのは虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈形成術です。冠動脈(心臓の筋肉を栄養する血管)の閉塞、狭窄した病変部をカテーテルを用いて拡張する方法で、使用する器具はバルーンカテーテル,ステント(網目状の金属)などがあります。
また、透析患者さんのシャント狭窄に対し、シャント形成も行っています。シャントPTAは、短時間に治療ができるため、シャントの作り直しに比べ身体面の負担が少ない手術です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 30 1.2 7.0 0 65.8
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 19 1.0 3.5 0 72.8
K7432 痔核手術(脱肛を含む。)(硬化療法(四段階注射法によるもの)) 14 0.1 1.0 0 72.3
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 11 4.5 23.2 0 71.3
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) - - 20.0 - -
2017年度の外科での手術件数は219件です。そのうち悪性腫瘍の手術が4割弱を占めています。特に内視鏡外科の充実を図り,従来から行われていた胆石症の手術に加え,胃がんや食道がん,大腸がんなど消化管の手術、ヘルニア手術など幅広く、積極的に低侵襲な内視鏡手術(腹腔鏡手術・胸腔鏡手術)を行っています。腹腔・胸腔鏡下手術は83件施行しています。
2009年8月からより低侵襲で創あとが残らない単孔式腹腔鏡手術(TANKO)を開始し、胆のう疾患をはじめ,様々な疾患に対して行っていますが、現在では腹腔鏡手術の半数以上の症例にTANKO手術を行っています。特に鼠径ヘルニアに対するTANKO-TAPP手術(単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術)や胃粘膜下腫瘍に対するTANKO-LECS手術(単孔式腹腔鏡・内視鏡合同手術)など新しい術式にも積極的に取り組み、成果をあげております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 213 0.7 1.3 0 69.9
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 53 4.1 18.1 3.8 78.3
K654 内視鏡的消化管止血術 38 1.2 14.1 7.9 71.1
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 26 2.0 9.1 0 69.2
K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他のもの) 24 1.5 10.3 0 76.2
2017年度の消化器内科での手術件数は523件です。消化器内科で最も多い手術は、大腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)です。内視鏡でポリープのある粘膜の下に液を注入し、スネア(輪状になった電気メス)を用いてポリープを切除します。また、胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)も施行しています。高周波ナイフでがんの周りの粘膜を切開したのち、更に粘膜下層(粘膜の下の層)を剝離して切除する治療法です。大腸腫瘍に対しても同様の手技を行います。
その他、総胆管結石、胆のう結石、胆道狭窄などの胆道疾患も多く扱っています。内視鏡を用いて胆道の出口を切開し、結石を除去する治療等(ERCP関連手術)を行っています。経皮的にチューブを留置し感染物質の除去を行う場合もあります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 42 1.6 5.4 0 76.3
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 34 2.6 6.9 11.8 72.2
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 23 0.7 14.4 21.7 66.4
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 19 1.5 7.8 0 75.3
K7981 膀胱異物摘出術(経尿道的手術) - - 5.1 - -
2017年度の泌尿器科での手術件数は168件です。泌尿器科で最も多い手術は、経尿道的膀胱悪性腫瘍手術です。開腹せずに内視鏡を用いて膀胱腫瘍を切除する治療です。切除した腫瘍が、良性の腫瘍あるいは“表在性膀胱がん”であれば、この手術が根治的治療となります。次に多いのは経尿道的尿路結石除去術(レーザー)です。全ての尿管結石に対して第一選択、またESWL後の第二選択となります。全身麻酔下に経尿道的に内視鏡を挿入し、モニター画面で結石を確認しながら砕石し、確実に結石をなくす方法です。当院では2012年よりレーザーと軟性尿管鏡を導入しfTUL(flexible transuretheral lithotripsy)を施行しております。なお、前立腺癌に対する手術として、前立腺全摘術(下腹部に5-7cm ほど切開)を行っています。後腹膜という部位からの展開を行いますので腸管損傷や腹腔内臓器への損傷を回避できます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 17 3.9 64.2 0 82.2
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 17 1.0 4.4 0 69.1
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 14 2.4 36.8 0 71.4
K0462 骨折観血的手術(前腕) 13 1.2 21.1 0 68.0
K0821 人工関節置換術(股) 10 1.0 48.4 0 73.7
2017年度の整形外科での手術件数は122件です。そのうち外傷、骨折に関連した手術が約6割を占めていました。その他、変形性膝関節症や変形性股関節症、頚髄症や腰部脊柱管狭窄症などの慢性疾患に対しては関節鏡手術や人工関節置換術、脊椎の除圧術・固定術などを行い、患者様の日常生活への早期復帰を目指しています。
当院ではリハビリテーション機能が充実していることから、急性期医療から回復期・療養型医療までシームレスな医療サービスを自院内で提供しています。従いまして、急性期の治療、手術後は速やかに自病院の「回復期リハビリテーション病棟」等へ入棟していただき、日常生活のリハビリ訓練等を行ったうえで退院いただいております。そのため、平均在院日数にはそれら後方病棟における在院日数を含んでいます。
※本指標の定義においては、労災や自動車賠償責任保険など、健康保険以外による診療件数を含みません。そのため、整形外科の実績件数は実際の診療件数より少なく算出されています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓切除) - - - - -
2017年度の脳神経外科での手術件数は33件です。年間10例以上の手術はありませんでした。(本指標においては、各手術項目で患者数が10名に満たない場合は非表示、計算対象外となります。)慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による)、経皮的頸動脈ステント留置術が上位の施行数でした。慢性硬膜下血腫に対しては、小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引し、洗浄除去します。
当科ではクモ膜下出血・脳動脈瘤・脳内出血・脳梗塞といった脳血管障害の他、脳腫瘍及び顔面けいれんや三叉神経痛(顔面の痛み)などの機能的疾患を含め広範囲にわたって診療を行うとともに、脊椎・脊髄(頸椎椎間板ヘルニア、頚椎変性症、脊椎腫瘍等)も積極的に治療しております。
当院ではリハビリテーション機能が充実していることから、急性期医療から回復期・療養型医療までシームレスな医療サービスを自院内で提供しています。従いまして、脳卒中(脳梗塞、脳出血)及び脊椎脊髄疾患の治療後、速やかに自病院の「回復期リハビリテーション病棟」等へ入棟していただき、日常生活のリハビリ訓練等を行ったうえで退院いただいております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 264 0.0 0.9 0.4 75.4
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) - - - - -
2017年度の眼科での手術件数は275件です。そのうちのほとんどが水晶体再建術(白内障手術)でした。白内障は、眼の中にあるレンズ(水晶体)が主に年齢を経るとともに濁る病気です。白内障手術は、濁ったレンズを取り除き、代わりに人工のレンズを入れる治療です。当院では小切開、無縫合での超音波乳化吸引術が主ですが、計画的に縫着術を必要とするような難症例も多く扱っており、いずれにおいても良好な成績を得ています。入院期間は日帰り、短期入院など、状況に応じて多様な選択が可能です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 19 0.41
180010 敗血症 同一 14 0.30
異なる 24 0.52
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 57 1.23
異なる - -
当院は、手術・処置を行うときは、可能な限り合併症を引き起こさないように細心の注意を払って行っております。また、手術・処置を行う前には、起こり得る合併症の説明をさせて頂いた上で、患者さんの同意をもって施行しております。
180040の手術・処置等の合併症では、症例数57件中48件はシャントに詰まった血栓を除去するために行う内シャント血栓除去術等になります。
更新履歴
2018/09/25
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報」を公開しました。
2017/09/27
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報」を公開しました。
2016/09/30
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報」を公開しました。